今ボクの目に映る釧路 (釧路 Advent Calendar 2013 参加記事)

はじめに

はじめまして。釧路生まれ釧路育ちの中学3年生 @lmt_swallow です。 釧路 Advent Calendar 2013に参加しているので書きます。

この文章は1割の真面目な文と9割の頭に浮かんだ単語を並べただけの文で構成されています。

結論

中学生なので若者っぽい言葉でまとめます。 「ヤバい。マジパない。」

ぼく と 釧路

ここ にもある通り、僕はここ釧路に 1998 年 9 月 17 日に生まれてからというものの、かれこれ 15 年間をこの釧路で過ごしているわけです。釧路、とはいっても北大通のあたりからは遠いのだけれど…。 ぼく と 釧路 の関係はそう深くはないものだ、と若かりし頃の僕(というと斧が飛んできそうだけれど)は思っていたものです。 けれど、今は違います。その理由についてを語ります。

小5くらいのころ

父が使っていたⅠ台のPCを僕が貰ったのがこの頃でした。この頃はほとんどゲームしかしていなくて、今でも「ここで外に出て周りの友達と遊んでいたなら僕はどうなっていたのだろうか」と思いを馳せることがあります。今とはまた違う道を歩いていたかもしれませんし、結局は今の僕に収束しているのかもしれませんし、よくわからないものです。

二年前, 中1のころ

僕の誕生日である 9 月 17 日に開催された LDD’11/Fall in KUSHIRO という勉強会(でいいのかな?)への参加こそが、僕が初めて「同年代で形成されたコミュニティ」以外と関わりを持った瞬間でした。記憶の上だと #946oss というコミュニティがあるということを知ってから #ldd11f に参加するまでにはそこまで時間がなかったかと思います。この頃の僕が 何故このイベントに参加しようとしたのかも今ではもうあやふやですが、とにかく楽しかったことは覚えています。

去年, 中2の頃

中2の夏休み、僕は初めて一人で釧路以外の地に足を踏み出しました。昼には直方体の連なりが蛇のように地を駆け巡り、夜には地に星が点る街、トーキョーです。この体験はセキュリティキャンプという合宿に参加する経験からのものなのですが、これについては割愛します。ただ僕が今「釧路との関係」を考えるときには、この体験が最も重要なことでした。家族旅行の体験はこれまでもあったけれど、単身で異郷の地を踏む体験をした時、僕と釧路の関係はより深まったように思います。(ラブコメのようだけれど。)

中2の冬頃、再度一人でトーキョーに踏み出します。セキュリティキャンプ・フォーラムでお話する機会を頂いたからです。コレについても割愛します。

今年, 中3の頃

情報オリンピック夏季合宿に参加して、この時もまたトーキョーに行きました。(この記事が詳しいです:JOIss 2013 参加しました) この頃、僕の中での「釧路」に対する思いが着実に変化していったかと思います。

その後には U-16釧路プログラミングコンテスト や旭川プロコンに参加しました。 この時にも #946oss の方に送迎していただいたり、ご飯を奢って頂いたりと、非常にお世話になりました。 この頃に冒頭のような「釧路ヤバいパない」という意識が確信へと変わっていたと思います。

そのまた後には OSC Hokkaido 2013 にも参加してきたり、 SECCON 北海道大会に参加してきたり、と何度か札幌に赴く機会がありましたが、このあたりでやっと僕の中に「釧路」というものへのイメージが着実に形成されてきたと思います。

ここまで僕が「自分」と「非釧路な土地」の関わりについて述べたのは、 釧路を釧路以外から見る経験をしたことで、「釧路の変なところ」が見えてきた、ということを述べたかったからです。

そして今、僕から見える釧路

結論から述べると「すごい」。よくよく考えれば、こんな田舎(釧路 dis ってんのか、と斧が飛んできますね)に OSS コミュニティがあるのも面白い話だし、そんな人々が毎月勉強会を行っているのも素直に尊敬しているし、釧路 Advent Calendar という得体のしれないモノの枠が埋まっているのも目を疑うし、そんな釧路 Advent Calendar に参加している自分がいることにも不思議な縁を感じるし、メインストリートにシャッターが散見される街の丘の上の施設で釧路プロコンが開催されて、更に学生がそこそこ集まっているのも驚きだし、…と、僕から見える釧路はとにかく「得体の知れない釧路」です。

トーキョーだったら将軍のお膝元、大阪だったら天下の台所、札幌だったら少年が大志を抱くところ(思い浮かばず血迷った)、じゃあ「釧路はなんと表現できるのだろうか」と尋ねられれば、今の僕は「得体のしれないところ」と答えます。(謎)

最後に

僕はまだ若造で、背伸びしても見える景色はまだ狭いけれど、得体のしれない釧路の中に見える「活力」は、これからも僕達が絶やしてはならないものだ、ということは確信しています。 946oss の皆様や釧路に住んでいる皆様、ありがとうございました。そしてこれからもご指導、御鞭撻の程よろしくおねがいします。

この記事を読んで

はてなスターよりかはクリスマスプレゼントかお年玉をください : ) (ゲスい) Amazon の Wishlist から贈れます。